成績が大体中位レベルの中学生向きの個別指導塾

学校の成績がほぼオール3の中学生は、授業にもあまり意欲的に取り組めないのが実情です。そして主体的に自宅で学習する時間も短いために、成績が中位レベルで長期間低迷し続けているというのがよくあるパターンです。また集団指導の塾に通っても、問題をやってただ答え合わせをするだけということも多いです。しかし個別指導塾に通い始めると、成績がクラスの真ん中程度の中学生も意欲を高めて勉強できるようになります。

成績が中位レベルの中学生が個別指導塾を選ぶときには、ゆったりとしたペースで学べる点にこだわるべきです。また教室内で基本的な問題演習に時間をかけるのが、成績低迷の悪循環から脱却するためのポイントです。個別指導塾の中にある自習室も積極的に活用すると、やる気のない中学生も次第に主体的に課題に取り組めるようになります。テストで平均より10点以上高い得点を実現することが、中位の成績という低迷状態から抜け出すためのポイントです。

塾に通って数学などの問題の解き方がわかり始めた段階で、少しずつ学習内容をレベルアップするのが良い方法です。多段階式のカリキュラムがある個別指導塾であれば、学習状況に合わせて少しずつ難しい問題と取り組むこともできます。成績があまり良くない中学生は、将来の進路もあまりしっかりと考えていないケースが多いです。塾内で進路指導も十分に受けると、目的意識を持ちながら積極的に学校の勉強にも取り組めます。

中学生の個別指導塾のことならこちら