中学生の個別指導塾の流れとは

中学生になると個別指導塾に通う生徒が増えてきます。中学生の個別指導塾はたくさんありますが、実際の中学生が個別指導塾に通う場合には1日の授業の流れを知りたいところです。具体的な流れは、まず個別指導塾に来てからカリキュラムが渡されます。カリキュラムの先生が持っている可能性もありますが、必ずしも先生が持っているとは限らず生徒が自分で持ってくるパターンがあります。

教室の備え付けのケースの中にカリキュラムが入っており、自分でそれを見て進めていくパターンです。そのままの状態だと、ただの自習になってしまうため先生があらかじめ今日はどのページを行うかを説明していきます。先生の中でも優れた先生や個別塾の指導では、どのような目的でその勉強をするかの説明をしていくわけです。意味もなくこなすのではなく、しっかり計画に基づいていることを説明することで、生徒のやる気も出るでしょう。

さらに素晴らしい先生は、今日の学習をすることでテストでどれだけ点数が取れるようになるかを説明してくれます。これにより、モチベーションが上がる可能性が高くなるでしょう。授業でわからないところがあれば、先生に質問をして答えてくれますがなんでも先生に頼り切ってしまうのが個別指導塾の問題になります。自分で考えることができなくなるため、先生によっては少し自分で考えなさいと言うことがあるかもしれません。

いずれにしても、塾の内容によって若干の指導方法は異なります。