中学生が優良な個別指導塾を判断するためのポイント

中学生が優良な個別指導塾を判断するためには、授業形態・カリキュラム・講師の質・費用・サポート体制など、いくつかのポイントをおさえておく必要があります。明確な目的を持たず安易に個別指導塾を選んでしまうと入塾してから後悔する可能性も高まってしまうので、基礎学力を身につけたい・高校受験を意識した応用問題演習に取り組みたい・苦手な教科を集中して学習したいなど、なぜ個別指導塾に通いたいのか目的をはっきりさせておくことが重要になってきます。また、それぞれの塾が提供しているカリキュラムを確認しておくこともポイントで、塾によって指導してくれる教科は異なりますが、中学生向けの多くの塾では数学と英語が指導教科に入っている一方で国語・社会・理科は指導していない塾もあるので、事前に確認しておくことが大切になります。中学生が個別指導塾を選ぶ上では講師の質も重要な要素で、特に基礎学力の向上を目的としているところやマンツーマン指導をメインにしているところでは、子供のペースに合わせて優しく指導してくれる先生が多いので、勉強が苦手だったり嫌いな中学生でも無理なく学習を継続していくことが可能になります。

さらに費用もチェックポイントで、一般的に集団指導塾よりは個別指導塾の方が人件費がかかる分だけ費用が高くなりますが、いくら質の高いカリキュラムを提供していても家計に大きな負担がかかるような授業料では長続きしないので、どれくらいの期間で通い続けるのかを考えた上で判断することが大切になってきます。