中学生から個別指導塾に通うケース

小学生から中学生になると学業に取り組む姿勢を変えていく必要があります。それは、高校は義務教育ではないため、高校受験をしなければなりません。高校受験は、テストの点数だけで合否が決定するのではなく、中学校の学生生活の内申点や部活屋の取り組みの評価なども合否へ影響します。よって、定期テストは高校受験へとても重要なポイントです。

中学生になって、授業がよくわからなくなってしまっている子や習い事や部活により多忙で集団指導塾の時間に合わせることが難しい子、集団指導塾を利用しているが目標を達成するためにより勉強に取り組みたい子は個別指導塾を利用するケースが多いです。個別指導塾の特徴は、利用者の要望をダイレクトに伝えることが可能でオーダーメイドにカリキュラムを作成することができる点です。他にも、曜日は時間を臨機応変に変更することができます。授業形態は講師一人に対して生徒一人のマンツーマン、または二人までの形態が一般的です。

なにより、講師と生徒の距離感が近いため質問や相談がしやすいです。中学生の勉強の難易度は小学生の頃よりも高いためつまずきやすく、一回つまずくとそのまま分からないポイントが重なり勉強に消極的になってしまうことがあります。その場合でも個々に合わせてカリキュラムが組まれているので安心して利用することができ、結果も次第に出てきます。個別指導塾を検討するなら、一度体験をしてから決めると良いです。