中学生の個別指導塾とカリキュラム

日本にはたくさんの中学生向けの個別指導していますが、これらの個別指導塾が全てカリキュラムで成り立っています。カリキュラムを作ることにより、中学生を適切に指導するわけです。これがなければ、一体どのような勉強をしたのか保護者にも報告することができません。そして個別指導塾の特徴としては、個別指導塾で働く人のほとんどは大学生になります。

つまりよく休む可能性があると言えるでしょう。少なくとも正社員ではないと言う事は休む可能性が高いため、よく先生が変わる可能性があります。そうすると、前の授業でどのような内容を指導したのか分からなくなってしまうでしょう。もし、次回から中学生に対する指導がうやむやになってしまう可能性があります。

これから本格的に個別指導塾を選ぶ場合には、どのようなカリキュラムが作成されているか少しでも意識してみると良いかもしれません。その中身まではどっちかもしれませんが、少なくともいきあたりばったりではなくしっかりとした計画に基づいて指導していることがわかるはずです。先生によっては、指導速度があまり速くないようなケースがあるかもしれません。この場合には、保護者から学習塾のほうに連絡を入れてみても良いでしょう。

またたまに先生が何を言っているのかわからないといったケースもあります。これは、生徒と先生の間に乖離が生じている可能性が高くなります。このような場合も、保護者が学習塾の教室長に連絡を入れた方が良いかもしれません。