個別指導塾を選ぶ中学生の特徴

個別指導塾を選ぶ中学生の特徴を見ていくと、積極的に質問ができない子が多いようです。周りを気にしてしまうと、分からない所が出てきても質問できません。おっとりした性格で周囲との競争を好まない場合も、周りと切磋琢磨しながら学力を伸ばしていく集団タイプでは負担が大きくなります。個別指導塾なら競争がありませんので、自分のペースを守ることだけに集中できます。

周りが気にならない環境ならストレスもたまらず、快適な状況の中で勉強できるので理想的です。集団タイプでは定期的にテストを行って、その結果でクラス分けを行います。クラス分けの結果が出る時に大きなストレスを感じる中学生も多く、上のクラスから下のクラスに落ちてしまった時等は勉強に集中できなくなるほど落ち込むこともあります。そのような精神的ダメージは本来の学習を進める上で良い状況とは言えず、安定した状態で勉強に取り組まなければなりません。

最初からクラス分けのない個別指導塾にすれば、その都度思い悩むこともなくなり、関係のないことに神経をすり減らすこともなくなります。部活動や習い事に積極的に取り組む中学生は、急な用事で欠席せざるを得ないことがあり、そのようなケースでも自由に別の日時に振り替えることのできる個別指導塾は利用しやすいシステムと言えます。大勢で一緒に受ける集団塾では一人のためにスケジュールを変更することはできませんので、行けなくなったらその分は受けられません。