個別指導塾に中学生が行く場合の体験学習

中学生になり、高校受験も控えていることからあるいは中間テストなどの定期テストがあることから学習塾に通う生徒は増えていきます。この時、個別指導塾も人気になりますので、個別指導塾に通う生徒も4割位いるでしょう。学習塾を選ぶ中学生の時、およそ4割は個別指導塾に通うと言われており人気の理由はやはり先生とマンツーマンあるいは生徒2人に対して先生1人がついてくれる事かもしれません。このような丁寧な対応が一昔前ならば考えられず、集団授業が普通でした。

しかし時代が変わり、少子化の影響もありやはり子供1人か2人に対して先生がつくような形が魅力的と感じる保護者もいるようです。では実際に個別指導塾に入る場合、いきなりお金を払って授業を受ける必要があるのでしょうか。これに関しては、様々な意見がある中で実際に体験学習と呼ばれるものを利用するケースが多くなっています。体験学習は基本的にお金を払うパターンと無料のパターンがありますが、いずれもその内容に大きな違いはありません。

なぜそのようなものがあるかと言えば、中学生が学習塾に入る時いきなりお金を払って入ったとしてもその学習塾と相性が悪いケースがあります。そのような場合、すぐに辞めてしまうことになり学習塾としてもあるいは中学生の保護者としてもメリットがありません。そこで体験学習を挟み、まず授業を受けてもらい気に入ったならばそこの学習塾に入る流れです。当然ながら、体験学習を受けて断っても問題ありません。