合格実績やカリキュラムから中学生の個別指導塾を選ぶ

中学生が高校受験のために個別指導塾に通い始める時、何を基準に選んだら良いのかというと、合格実績に着目するのが正解です。その個別指導塾からどのくらいの人数の合格者が出ているのかを知ることは簡単ですし、もしデータが公表されていなければ問い合わせることもできます。特にその中学生が受けようとしている高校に関して、豊富な合格実績があることが大事です。名門であっても特定の学校に対してはあまり実績を残せていないようなケースもありますので、事前に必ず調べておきたい項目です。

その際、一点だけ注意したいのが、数だけを見るのではなくて合格率を押さえるということであり、合格率が高ければ高いほど有効な指導を行われていることが分かります。カリキュラムは個別指導塾によって作り方が大きく異なる部分ですが、通う中学生に合わせて決めることは共通です。内容的に納得して勉強に向き合えるようなものになっていれば、信頼しつつそのまま学習を続けることができますが、なぜこのようなことをする必要があるのか等の疑問を持ちながらでは上手くいきません。このあたりは生徒との話し合いも重要であり、意向をくみ取りながらより良いカリキュラムにしていきます。

講師の質も無視できませんし、プロの講師がいない場合には指導の仕方にもばらつきがでることを覚悟しなければなりません。アルバイトの講師はほとんどが大学生のアルバイトであり、教えることを生業としているわけではありませんので、求めているようなレベルに達していないケースも少なくありません。